1日限りの現場が多いのが特徴

日払いの仕事を探したい時に、どんな種類のものを探すとよく見つかるでしょうか。
基本的に一日ごとに支払われる仕事は、同じ店で継続して何日も働くようなものではなく、その現場で1日、もしくはごく短期で完結するよなものが該当します。
ではその具体例をここでは紹介しますね。
まず多いのが交通量調査です。
交通量調査は12時間や24時間の間、その地点でどれだけ車が通るかを調査しています。
交差点付近にイスを置いて座り、バイトはそこで手元のカウンターを押して人や車の交通量を計測していくのです。
とても簡単で誰にでもできる仕事なので幅広い年齢層の人から人気があります。
定期的に同じ場所で行うことはありますが、毎日行うものではないので、日払いのバイトが一番適している仕事なのです。
似たようなものとして駐車量調査もあります。
こちらは比較的都心で行うのですが、定期的に同じ場所を巡回し、どれだけ車が停められているかをチェックしていきます。
これも定期的に見る必要はあるのですが、毎日見るほどではないので、バイトが行うようになっています。
女子が行うのならば店頭でのサンプリングなどもおすすめです。
キャンペーンのバイトは1日だけではなく、1週間や2週間などの短期が多いのですが、サンプリングはそれよりもごく短期で1日だけというものが多いんですよ。
仕事内容としては、スーパーやショッピングセンターで1日だけ食品サンプルを配布する、というものです。
一つ注意しておきたいのが日雇いと日払いは違うということです。
日雇いバイトでも支払いは振込で、数回まとめて銀行に入金されるというケースもあるので、緊急にお金が手元に必要なときでも、そこは注意して見ておきたいですね。
そういえば、そんな日払いのお仕事をまとめたサイトを発見しました。
これから日払いの仕事にチャレンジする人はチェックしてみてください。【参考サイト